男性の薄毛、女性の薄毛

女性でも男性型脱毛症と同じような症状で薄毛になってしまう事がありますが、多くは男性と似ているようで実は、全く違う薄毛の症状であることが多いのです。

薄毛の症状が男性と違うという事なら、男性と同じような薄毛治療や対策を講じても、結局解決策にならないので、女性特有の女性型脱毛症と男性型脱毛症の症状の違いをしっかり理解し、女性特有の薄毛対策を行っていくことが求められます。

男性の薄毛の多くが男性型脱毛症「AGA」であるといわれていますが、その特徴は、生え際がM字のように薄く後退する、頭頂部から薄くなっていくなどです。

こうした部分の抜け毛が多くなり、だんだんと広がっていきます。

男性型脱毛症は進行性なので、早期治療を開始すると効果も違ってきます。

女性型脱毛症の場合、頭髪全体が薄くなるという特徴を持っています。

髪の毛のハリやコシがなくなり、毛髪自体が細くなっていきます。

全体的に毛髪のボリュームが減っていくことで、頭部全体が薄くなっていく印象です。

最初は生え際が目立つようになり、だんだんと頭部全体が薄くなっていきます。

男性型脱毛症と女性型脱毛症はこのように、薄くなっていく部位の違い、毛髪が抜けるメカニズムが違います。

こうした違いを理解しておくと、自分が女性型脱毛症なのか、その他に原因があるのか、また女性の中でも多くなっているといわれる男性型脱毛症なのかがわかってきます。

いずれにしても、頭皮状態を確認したい、薄毛を積極的に治したいという事であれば、専門治療を行っているクリニックなどへ相談してみるといいでしょう。

無料カウンセリングなどがありますので、気軽に相談できますよ。

参考ページ–>http://www.chatterboxgames.com/